38営業で10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏のトレード手法を検証する

RSIを使い10万円を6億円にしたGFF氏のRSIトレード手法を分析して特性を考える

GFF氏という人を知っていますでしょうか?

2012年頃のニコニコ生放送をしながら38営業で10万円を6億円にしたトレーダーの方です。

最後はハイレバレッジ運用なので6億円を30万円にまで減らして退場されてしまいましたが、彼の功績は偉大だと思うので今回取り上げてみたいと思います。

なぜこんな事ができたのか

当時は300倍や400倍などの超ハイレバレッジ運用ができたためこのような偉業を達成することが出来ました。

(現状でこれを達成するのは日本では厳しいかもしれません。海外口座なら出来るかも?)

勿論それだけではなく、GFF氏が生み出したRSIにトレンドラインを引きブレイクアウトしたらエントリーという手法があってこそだと思います。

GFF氏のRSIブレイクアウトの手法

彼が使っていた手法としてRSIのトレンドラインをブレイクアウトしたらエントリーするという手法があります。

現状では、この手法には欠点がありGFF氏自ら欠陥品だったと公言されていますが、彼が達成した偉業は学ぶべきところがあると思うので紹介したいと思います。

また、私なりにこの手法の決定や特性などを紹介できればと思います。

かなり裁量の部分が大きく使う人によって判断のブレが大きすぎる

実はこの手法は、裁量で判断しなければいけない部分が多く使う人によってブレが大きすぎるという特徴があります。

また、所謂ダマシという現象が多数出てきてしまうという欠点もあります。

そのため、これだけの偉業を達成したのにもかかわらず、その手法があまり有名ではなく話題に上がりづらいのかもしれません。

歴史的に見て、裁量部分が多すぎる手法は有名な手法にはなり辛く、どこどこでエントリーどこどこでエグジットなどきっちり決まっているトレード手法の方が説明しやすい為か世間的には広がっています。

そのため有名な手法だからといって有効に機能しているかというと・・・・。「????」という部分が多いのもこのトレーダー業界なのですが・・・。

なので、きちんとバックテストを行い何処なら有効性があって何処なら有効性がないのかというのを知っておく必要があります。

このGFF氏のトレード手法も機能する部分と機能しない部分があるのでそれを説明していきたいと思います。

機能している時

下の画像のように機能しているようにみえる部分がたくさんあります。

 

機能していない時

変な所で売買シグナルが出てダマシのようになることも多い

何が問題なのか

何が問題なのかと言うと、このトレード手法は線を引こうと思えば無限に色々な所に引けてしまうのが問題だと思っています。

要するに裁量の幅が広すぎるのが問題なのです。

それと、エグジット方法が無いというのも問題なのかもしれません。

どこで損切りしたら良いのか、どこで利食いしたら良いのかよくわからないというのもネックですね。

ダマシを減らすためにRSIの計測本数を増やしてみる

RSIを100本で表示してみました。

茶色が買いシグナル、緑色が売りシグナルになります。

当然ダマシも減りましたが、売買タイミングも減ります。

ダマシが発生するのは治りませんが裁量部分は減ってきたので良くなったように気はします。

MACDと同じような位置でシグナルが出るとダマシが少ない?

実はこの手法は「RSI100本」と「MACD短期12本長期26本」の時は同じような位置でシグナルが出ます。(MACDは長期と短期のゴールデンクロス)

しかし、MACDの方がシグナルが早く出る傾向にあります。

 

↓は同じような位置でシグナルが出る

まとめ

GFF氏のRSIブレイクアウト手法は見てもらったとおり裁量が大きく作用してしまう点が使いにくいかなと感じました。

なので、普及しなかったと推測しています。

GFF氏は窓は埋める理論なども言ってますが、それは別の方も大いに言ってますし有名なので省かせていただきました。

改良余地が大いにありそうなので、いつか誰かが進化系の改良型を作るのが楽しみですね。

勝てないトレーダーの共通点

勝てないトレードの原因は色々ありますが、一つに情報収集しないという所があると思います。

自分一人で情報を集めようとするのではなく、本やツイッターや掲示板、投資顧問など積極的に情報収集しておくべきです。

次に、その情報に対して分析を行い、それは良いトレードになるのかどうかを考えます。

情報を見てもそれが正しい情報なのか分析できなければいけません。

そのためには積極的に情報を取りに行く貪欲さと常に勉強し新しい知識と古い知識を混ぜ合わせてより良いトレード手法の開発も必要になります。

その次に心理的な問題が立ちはだかります。

良い情報と手法で8割は勝てるトレーダーの条件が揃いますが、残り2割の心理的問題が情報やトレード手法を信じる心を折りにかかります。

どんな方法でも、100%勝てる手法はなく一回負けたからトレード手法変える人が多い印象を受けます。

これは心理的な問題です。

良い情報を知りたいという方は、投資顧問に登録しておくのが良いでしょう。投資顧問をバカにしてはいけません。投資顧問になるには金融の世界で最低3年以上の実務経験を要してしかも結果を出してなければなれない職業です。

しかも、5000万以上純財産額がなければなれないので、ガチな投資の実力者しかなることが出来ない仕事というのはあまり知られていない事だと思います。

しかし、評判が良くない投資顧問というのも存在するのは確かなので、今回は評判が良い投資顧問を紹介しておきます。

僕も登録してますが、ここだけでも最低限登録しておきましょう。

MJI投資顧問は評判がよく無料登録で十分なので登録しておくと良い投資方法や情報が手に入るのでやっておきましょう。

情報を制するものは、時代を制するのはいつの時代も変わりません。

情報の仕入先を増やしておくのは最善の一手になります。

ですが、その情報をどのように料理するかは自分の実力なのです。

そのための勉強ですよ。

小さな努力ですが、「人生が変わる」「投資成績が変わる」きっかけというのは、このような小さな努力によるものです。

良いキッカケになるので、やりましょう。

MJI投資顧問に登録しに行く

僕が作った個別銘柄用クロームアドオン無料提供中

もしかすると限定化してしまうかもしれないので、お早めにどうぞ
個別銘柄用クロームアドオン無料提供しています。

 

関連記事