金融相場と業績相場のサイクルを理解すると買うべき業種がわかる!

普遍的な相場の局面推移

この記事は浦上邦雄さんの相場サイクルの見分け方という本を参考に書いています


このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください。
今後の投資活動において非常に参考になると思います。

株式市場の動向は、主に4つの相場局面で構成されている

株式市場は主に4つの大きな相場局面の変化で構成されています。
その局面は、金融相場業績相場逆金融相場逆業績相場という名前が付けられており、このページでは、これらの4つの相場局面を詳しくい解説できればと思っています。

相場のサイクルとは

相場のサイクルとは、まず、金融緩和を背景に不景気の株高と呼ばれる金融相場の強気相場が起きます。やがて、景気が回復するに連れて、業績相場を展開することになります。景気が加熱されインフレが懸念される頃には株価は頂点に近づき、株価は大きく崩れて逆金融相場という、下降相場がやってきます。引き締め政策によって景気が後退し企業収益がマイナスに陥ると、株価が底値圏に入ります

①金融相場の特徴

金融相場の特徴は不景気の中の株高にあります。
株価は、金利が下がるか企業収益が増益になれば上昇するとされるが、実際は金利が下げ続けている状況では景気はよくありません。
なぜなら、モノがあまり売れないからです。なので、経営者はお金を借りて設備投資をする必要もないですし、お金を借りる必要もないわけです。
そうなると、借り手がいなくなり金融機関にお金が蓄積してきます。

元々、逆張り的な投資姿勢を持つのが金融機関の特徴なので、株価が高くなると売り上がり、下がり始めると買い下がるという姿勢を取ります。これは、景気が良くなると借り手が増えてくるため手元のお金を増やしておきたいという思惑もあり売り上がりという姿勢になります。
このような、金融機関の特徴だけではなく、年金基金など毎年一定数の株を買わなければならない機関投資家の関係もあり株式市場にジワジワと資金が流入してきます。
不景気で企業が倒産したとか失業者が溢れて大変だと騒いでいるときに、コツンと底入れをしたように反発し始めるのはこのような背景があるようです。
しかし、この段階ではそれほど株価の上昇は大きくありません。

日銀の金融緩和で株価の上昇に拍車がかかる

不景気の色が濃い中、日銀や政府は金融、財政面から景気対策を始めます。
公共事業や住宅投資の推奨をし需要不足の改善をしようとします。
当然、不足分の需要を埋めるほどの財政政策は、その需要に答えようと設備の増設をしたりして間に合わせようと企業は躍起になり、設備投資が活発化されます。
したがって、株価はこのタイミングで一気に反騰し、異常な不景気の株高が起きます。

※近年では2012年後半からこのような株価の上昇が起きました。

テクニカル面から見た金融相場

金融相場のテクニカル面から見た市場分析の結果は、まず出来高が急増します。「元々出来高は株価に先行する」と言われており、日経平均株価の上昇と連動して上昇します。
騰落レシオも日経平均株価と連動して大きく上昇に転じます
騰落レシオは、新規の資金流入を表示されているとされているので、この指数が上昇するとテクニカルアナリストが相場の見通しを強きにさせます。
移動平均線も、25日線や75日線などが上昇に転じており、日経平均株価は上方へ乖離して警戒シグナルを示唆します。
ですが、移動平均線は株価に対しての遅行線なので、出来高や騰落レシオの動向を重視しましょう。

金融相場のリード企業

金利敏感株が先陣をきって上昇します
金融相場は理想買いと呼ばれており、景気回復と企業業績の増益を期待して買っている状態です。
金融緩和などの金融政策は、金利の低下などで短期の金融事情はもちろん、債券市場でも好材料になります。
銀行や証券などの金融関連株は公定歩合が大幅に下がることによって、資金調達コストが下がり、貸付金との利幅の拡大と、債券市場、株式市場、先物市場の出来高が急増し取扱手数料が増えるというメリットもあります。
手持ちの高利回りの債権の価格が上昇し含み益が大きくなるというメリットもあって、金利低下と金余りは利益の急増をもたらします。

財投関連株も人気になりやすい
金利を下げてもものはすぐ売れるようになりません。
民間企業も生産を増やすどころか、在庫の積み増しですら手控え気味になります。
ですが、政府の公共事業関連は別で、大型プロジェクトに関わっている企業などの株は物色対象として人気銘柄になるという特徴があります
その他には、円安の進行などで輸出企業も業績改善期待で大きく買われる傾向にあります

中小型株は人気の圏外におかれやすい
金融相場は、弱気相場の末端現象なのでまだ景気が不景気のまっ只中にあります。このような状況の場合、中小企業などの株は業績に反映されづらく、この局面でも下げ続ける銘柄も多いです。
特に、工作機械やハイテク関連株などの設備投資関連株は日経平均株価に逆行した動きになります

②業績相場の特徴

業績相場は金融緩和や財政出動などによって、官公庁需要が伸びます
まず、木材や鋼材、セメントなどの市況(コモディティ)が底打ちをします
企業は在庫の積み増しなどに慎重の姿勢を崩しておらず、再び市況が崩れるのではないかと気にしながら徐々に操業度を引き上げていきます。
業績相場は懐疑の中で育つといえます。

業績相場はその名の通り、業績を確認して株価が上昇する現実買いが起きます。
GDPの上昇も前年比でプラスに転じ回復に向います。
政府や、民間の調査期間はこの段階で、翌年の景気見通しを上方修正します。
しかし、企業業績は立ち直っていません。
通常は、生産活動が上昇し景気の立ち直りが確認されてから1年前後のタイムラグがあります。
業績相場の始まりは、金融相場の終わりを意味します。
マクロの景気底入れの確認をする=金融相場の終わりにという認識でいましょう。

業績相場のスケール

業績相場のスケールは、景気の拡大期間と企業収益の増益幅と持続時間に依存します。
通常の場合は、強気相場の中でも安定していて期間が長いという特徴があります。
景気が拡大を続けながら、物価が安定して金利の上昇があるていどで抑えられている限り息の長い業績相場になります
企業の業績上昇率が鈍化するか金利の上昇率が1段と大きくなる場合に波乱相場を迎えます

業績相場で物色されるグループ

前半は素材産業、後半は加工産業へと大きくシフトします。
景気拡大が長期化すると、最終需要の強さに素材産業が自信を持ち大型の設備投資に踏み切ります。
産業用機械、精密工作機械、ロボットなど加工度の高い設備関連企業の受注が急増します。
個人消費関連も増益に転じ好調を維持します。
全産業が循環的に買い上げられるのが、業績相場の特徴です。

業績相場の前半
紙パルプ、化学、ガラス、セメント、鉄鋼、非鉄などの素材産業

業績相場の後半
機械、電機、自動車、生滅機器など

この時期は財務内容の良い優良株を買ってもあまり買われません。
このブログのテーマである成長株が買われる傾向にあります

特に個人投資家が狙うような、小型成長株は業績相場の後半に買われる傾向にあります。これは、金融相場から業績相場に変わるときには大型低位株が買われる傾向にありますが、金融引締めにより、市場に流れるお金が減り大型株は買われづらくなります。
そのかわり、小型好業績株が買われます。
このような時は、年初来高値の新高値で買った場合でも大きな利益が狙えます。
その際には、財務内容や成長力を十分チェックしましょう。

③逆金融相場の特徴

逆金融相場とは弱気相場の初期状態になります。
業績相場の最終局面は、景気が過熱気味で企業に収益は大幅増収増益予想であり、この好況の持続力を確信してしまい、2年から3年先までの増益を買いきっています
業績相場のフィナーレは、さまざまで、外国の外部要因や中央銀行の金融引締めなどがあります。
一度崩れた相場はほぼ全面安になりますが、企業収益は未だ増益予想になります。
そのため、大きく崩れた株は割安になるので、急落後3から4ヶ月後以内に高値へ挑戦するかのように大きく戻っていきます。
これを、2番天井やダブルトップといいます。
2番天井は出来高が少なく、個別銘柄では思ったようには株価が戻らないといったケースが目立ちます。
尚、外部要因と金融引締めが重なると、2番天井が起きない現象も起こります。

逆金融相場での逆行グループ

逆金融相場で買われやすい株は、小型株で材料がある銘柄やヒット商品を生み出した好業績株になります。
新興企業の株は大不況にでもならない限り持続力が強い傾向にあります。

④逆業績相場の特徴


逆業績相場の特徴として下げ率は小さくて短いです
いつどのような時代の逆業績相場であっても、必ず出てくる特徴があります。
それは、逆業績相場の最終局面に近づけば近づくほど、株価が割高に見えるという特徴になります。
この頃には、企業体質が弱いく企業などは赤字へ転落する危険性があります。
また、大企業などの倒産も目立ち世の中は非常に暗い雰囲気になります。

逆業績相場の底入れパターン

逆業績相場は逆金融相場で一時的に反騰したとしても企業業績の悪化から逆金融相場で付けた安値をさらに割り込みます。
月足で見て、2番底という形になるのが特徴になります。
ただし、あまりにも逆金融相場で付けた安値が深い場合は安値を切り上げる動きになる場合もあるようです。

逆業績相場での投資スタンス

逆業績相場で人気を集めている企業の株というのは質はあまりよくありません。
仕手株が乱舞しており、非常に難しい相場環境にあります。
投資という長期スタンスで見る場合は、優良株を安く買えるチャンスであり、投資の神様であるウォーレン・バフェット氏やジム・ロジャース氏などはこのような状況に果敢に投資していく巨万の富を得たと言われています。
それぞれ、投資スタンスによるとは思いますが、仕手株投資か優良企業の長期投資に適した時期であるといえます。

具体的には、不況抵抗力がある、電力、ガス、不動産、薬品などが有力とされます。
東日本大震災の件で、電力などはあまりいい投資対象では無くなったように見えますが、一般的にはこのような業種に投資するのが良いとされています。

この記事は浦上邦雄さんの相場サイクルの見分け方という本を参考に書いています


このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください。
今後の投資活動において非常に参考になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク