アナリストよりも優秀な需給の基本原理(書き途中)

アナリストよりも優秀な需給の基本原理

アナリストは色々な角度から会社を分析しています。

一見、非常に詳しく正しい分析をしているかのように見えますが、実際の値動きとは反対に動く場合も多いのは多くの人が知っての通りでしょう。
レーティングといわれる、証券会社のアナリストが目標株価を設定し買い煽る光景を見た事がある人も多いと思います。

証券会社が出すレーティングの意味とは

レーティングの目標株価は飽くまで参考にしかならず、あまり当たりません(笑)
それでは意味がないじゃないかと言われる気持ちもわかりますし実際に私自身は意味が無いと感じているので参考にもしていません。

レーティングを出す意味などないと感じますが、そのレーティングを見て買う人が多いのも事実になります。

なので、多少は株価の上昇効果があると思いますが個人的にはレーティングを見て買うことはオススメできません。

証券会社が出すレーティングは売り抜けるため?

最初に書いておきますが、これは私が勝手に推測した事であり真相は謎に包まれています。

質問やアドバイスなどコメントお待ちしています

このサイトは、玄人向けの株式投資の情報を毎回紹介しています。「初心者向けではない」「一般にはあまり出てない」情報を中心に紹介している「投資マニア向けのマニアックな投資情報サイト」を目指しています。

分からない部分や、アドバイスなどコメントをいただけると、より良いページに改良出来るので、よろしくお願いします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする