Tradingview主要シンボル一覧とインポートの方法

Tradingviewは非常に高機能で軽く、スマホでもPCでも一度設定したものは同じ設定でどんな環境でも全く同じチャートやインジケータ、トレンドラインを表示させることが出来ます。

さらに、世界中の株式市場(新興国なども)や為替やすべての仮想通貨などもTradingviewのみで表示ができます。

マルチチャート設定(1画面で最大8チャート)やアラート設定(価格やインジケータがその値に来た時に通知が来ます)や独自インジケータの作成など出来ない事などない程によく出来ています。

ですが、少し残念なところもあります。

それは、日本語化が中途半端な為にシンボルの検索がやりにくいという欠点があります。

シンボルというのは登録しなければ、チャートの表示をすることが出来ません。

個別銘柄で言うと証券コードのようなものです。

やってみればわかりますが、同じようなのが沢山出てくるので、何がなんだかわからない状態になります。

これは、世界中の株式市場の個別銘柄まで表示できてしまう弊害です。

今回は、シンボルの登録を少しでも簡単にしようと思い、シンボル一覧(指数、為替、仮想通貨)とインポートファイルを作成しました。

是非活用してみてください。

インポートファイルを使うと、一括でシンボルの登録が出来ます。

Tradingviewシンボルをインポート方法

右上の「三」をクリックすると、ウォッチリストをインポートというボタンが出てくるので、それを選びダウンロードしたファイルを選んで保存を押すだけです。

どんだけインポートしても重くなることはないので、出来るだけインポートしておくと良いと思います。

Tradingviewは、色分けリストが使えるので必要な奴だけをリストに追加しておくと使いやすいと思います。

 

下の画像は色別リストに銘柄を分類している所です。

銘柄の横に付いている旗マークをクリックすると、色別リストの選択枠が開くので好きな色に銘柄を分類しておけます。

 

下の画像は、オレンジリストの中を開いてみた状態です。

旗がすべてオレンジです。

Tradingviewシンボル一覧

指数シンボル一覧

日経平均株価やダウやFANG株など

仮想通貨/円

円換算で仮想通貨全般

仮想通貨/ドル

ドル換算で仮想通貨全般

商品先物

小麦や原油など商品先物

国債/イールドカーブ/ジャンク債/バルチック指数

国債や一般的ではない指数など

円建て/インデックス

円建ての為替一覧

ドル建て

米ドル建ての為替一覧

スイスフラン建て

スイスフラン建ての為替一覧

ユーロ建て

ユーロ建ての為替一覧

オーストラリアドル建て

オーストラリアドル建ての為替一覧

ニュージーランドドル建て

ニュージーランドドル建ての為替一覧

南アフリカランドドル建て

南アフリカランドドル建ての為替一覧

ポンド建て

ポンド建ての為替一覧

勝てないトレーダーの共通点

勝てないトレードの原因は色々ありますが、一つに情報収集しないという所があると思います。

自分一人で情報を集めようとするのではなく、本やツイッターや掲示板、投資顧問など積極的に情報収集しておくべきです。

次に、その情報に対して分析を行い、それは良いトレードになるのかどうかを考えます。

情報を見てもそれが正しい情報なのか分析できなければいけません。

そのためには積極的に情報を取りに行く貪欲さと常に勉強し新しい知識と古い知識を混ぜ合わせてより良いトレード手法の開発も必要になります。

その次に心理的な問題が立ちはだかります。

良い情報と手法で8割は勝てるトレーダーの条件が揃いますが、残り2割の心理的問題が情報やトレード手法を信じる心を折りにかかります。

どんな方法でも、100%勝てる手法はなく一回負けたからトレード手法変える人が多い印象を受けます。

これは心理的な問題です。

良い情報を知りたいという方は、投資顧問に登録しておくのが良いでしょう。投資顧問をバカにしてはいけません。投資顧問になるには金融の世界で最低3年以上の実務経験を要してしかも結果を出してなければなれない職業です。

しかも、5000万以上純財産額がなければなれないので、ガチな投資の実力者しかなることが出来ない仕事というのはあまり知られていない事だと思います。

しかし、評判が良くない投資顧問というのも存在するのは確かなので、今回は評判が良い投資顧問を紹介しておきます。

僕も登録してますが、ここだけでも最低限登録しておきましょう。

MJI投資顧問は評判がよく無料登録で十分なので登録しておくと良い投資方法や情報が手に入るのでやっておきましょう。

情報を制するものは、時代を制するのはいつの時代も変わりません。

情報の仕入先を増やしておくのは最善の一手になります。

ですが、その情報をどのように料理するかは自分の実力なのです。

そのための勉強ですよ。

小さな努力ですが、「人生が変わる」「投資成績が変わる」きっかけというのは、このような小さな努力によるものです。

良いキッカケになるので、やりましょう。

MJI投資顧問に登録しに行く

僕が作った個別銘柄用クロームアドオン無料提供中

もしかすると限定化してしまうかもしれないので、お早めにどうぞ
個別銘柄用クロームアドオン無料提供しています。

 

関連記事