Tradingviewのアラート設定と使い方

Tradingviewにはアラートという機能があります。

これは、PCやスマホに自分が指定したアラート設定に沿って通知を送ってくれるサービスになります。

インジケータやトレンドライン、価格など色々な条件で通知を送ってくれるので、売買タイミングを逃すことを減らせます。

例えばMACDのゴールデンクロス毎に通知を送ってくるなんて事ができるわけです。

そんなTradingviewのアラート機能を今回は紹介していきたいと思います。

 

Tradingviewのアラートはソフトを起動していなくても通知が来る

Tradingviewのアラート機能はソフトを起動していなくても通知が来るという特徴があります。

これは、サーバー側で管理しているので、MetaTraderとは違いPCをやスマホでソフトを起動していなくても通知が来ます。

 

契約プランによりアラートの設定数が違ってくる

設定できるアラート数は契約プランで違いがあります。

無料PROPRO+PREMIUM
1件10件30件100件

 

携帯(スマホ)でもアラート表示できる

TradingviewはPCで設定したアラートを携帯(スマホ)でも同じ通知を受けることが出来ます。

スマホのアプリ版でも通知の設定は出来ますが、価格のみでインジケータやトレンドラインなどにアラート設定は出来ません。

 

アラート通知方法や管理方法

右上の目覚まし時計ボタンを押すことによりアラートの管理画面が開きます。

ここで自分が設定したアラートや設定の変更、アラートログなどを確認することが出来ます。

通知方法の違い

SMSで送信以外は無料でも使えます。

この「SMS送信」はどのような機能かと言うと、自分のメールアドレスを使いSMSに送信したくない方向けのサービスになります。

「EメールをSMSに変換するサービスを利用」と機能は同じになります。

メールアドレスを知られたくない人向けのサービスという事になります。

メールにはこのような形で送られてきます。

 

トレーディングビューを付けていると、このようなアラートをポップアップしてくれます。

この例では、MACDで設定していた値を交差したのでアラートが出ました。

 

価格にアラートを設定してみよう

チャートが表示されている部分で右クリックを押すと「アラートを追加」というボタンがあるので、それを押すと右クリックした位置でアラートを流すことが出来ます。

トレンドラインにアラートを設定してみよう

トレンドラインにアラートを設定したい場合には、引いたトレンドラインにマウスを合わせて右クリックから設定ができます。

一番上にTrendLineにアラートを追加というボタンで出てくれば成功です。

 

インジケータにアラートを設定してみよう

インジケータの時もトレンドライン同様に、アラートを設定したいインジケータの上で右クリックからアラートに追加を選択してアラートの設定をすることが出来ます。

アラート設定条件一覧

①条件:アラートの条件

交差上下どちらに交差した場合でもアラートが表示されます。
上に交差・下へ交差上下どちらかが交差した場合にアラートが表示されます。
より大きい・より小さい指定した数字以上の場合、設定で毎回を選択すれば高値を超えている間は毎回アラートが表示されます。
チャンネルへの進入・チャネル終了指定した範囲の数字に入った場合にアラートが表示されます。
チャンネルの内側・チャンネルの外側指定した範囲の数字に入っている間は、設定で毎回を選択すれば毎回アラートが表示されます。
上へ移動・下へ移動指定した期間内を超えると数字を自動で変更します。(数字)
上へ%移動・下へ%移動指定した期間内を超えると数字を自動で変更します。(%)

 

②設定:アラートを鳴らす回数や条件など

1回限り(価格、トレンドライン、インジケータ)一回限りアラートを表示します。
毎回(価格)毎回設定した条件をクリアした場合に限りアラートを表示します。
バーにつき一回(トレンドライン、インジケータ)ローソク足毎に指定した条件をクリアした場合に限りアラートを表示します。
バー終値毎に一回(トレンドライン、インジケータ)ローソク足の終値毎に指定した条件をクリアした場合に限りアラートを表示します。
毎分一回(トレンドライン、インジケータ)1分毎に指定した条件をクリアした場合に限りにアラートを表示します。

 

③期限時間:アラートを有効にする期間の設定を行います。

無期限はプレミアムプランにアップデートが必要です。

 

④アラートアクション:メールやSMS(ショートメッセージサービス)に通知するか決めることが出来ます。

上にも少し書きましたが、PCを開いているときにはポップアップをしてくれたり、開いてなくてもメールやSMSでメッセージを通知してくれます。

ポップアップ表示ポップアップが表示されます。また違うタブなどを開いていても右下にポップアップされます。
サウンドを鳴らすピピピという音で知らせてくれます。
Eメール送付アラートがヒットすれば指定したメールアドレスにこのようなメールが送信されます。
EメールからSMSへの送信アラートにヒットするとSMSからメッセージが来ます
SMS送信アラートにヒットするとSMSからメッセージが来ます。

 

⑤メッセージ:ポップアップさせるメッセージを変更できます。

デフォルトでは、①の条件の部分が入力されています。(シンボル、条件、値)

アラートの管理方法

作成したアラートは右側の目覚まし時計から管理することが出来ます。

 

アラートの横に付いている丸い色の意味

アラート管理ページには、色別の◯印がありますが、これはそれぞれ意味があります。

手動停止・期限切れ
アクティブ・稼働中
黄色アラート済み・停止中

 

アラートの停止や再開

アラートを停止や再開させたい場合にはマウスをカーソルを合わせるとこのようなアイコンが出てきます。

 

アラートの削除方法

アラートの削除方法はアラート管理ページから作成したアラートにマウスカーソルを合わせると☓印がでるのでそれをクリックします。

アラートの編集方法

アラートの編集方法はアラート管理ページから作成したアラートにマウスカーソルを合わせると歯車マーク出るのでそれをクリックします。

 

アラートの一括管理や絞り込み検索の方法

下の画像の部分をクリックすると、一括管理機能や絞り込み検索なども使えます。

現在のシンボルのみ

左側に表示されているチャートのシンボルのみのアラートを表示します。

現在の時間足に対してのみ

左側に表示されているチャートの時間足のみのアラートを表示します。

非アクティブを隠す

「赤色」と「黄色」のアラートを非表示にします。

(緑のみ表示)

中止されているアラートを再起動する

すべてのアラートを緑色(アクティブ)にします。

すべて停止

すべてのアラートを赤色(停止)にします。

利用されていないものをすべて削除

赤色と黄色のアラートをすべて削除します。

すべて削除

作成したアラートをすべて削除します。

 

アラートの通知履歴の確認方法

右下にはアラートログ(履歴)が表示されています。

アラート履歴の削除方法

アラート履歴の削除方法はログを右クリックしてログのクリアボタンで削除できます。

勝てないトレーダーの共通点

勝てないトレードの原因は色々ありますが、一つに情報収集しないという所があると思います。

自分一人で情報を集めようとするのではなく、本やツイッターや掲示板、投資顧問など積極的に情報収集しておくべきです。

次に、その情報に対して分析を行い、それは良いトレードになるのかどうかを考えます。

情報を見てもそれが正しい情報なのか分析できなければいけません。

そのためには積極的に情報を取りに行く貪欲さと常に勉強し新しい知識と古い知識を混ぜ合わせてより良いトレード手法の開発も必要になります。

その次に心理的な問題が立ちはだかります。

良い情報と手法で8割は勝てるトレーダーの条件が揃いますが、残り2割の心理的問題が情報やトレード手法を信じる心を折りにかかります。

どんな方法でも、100%勝てる手法はなく一回負けたからトレード手法変える人が多い印象を受けます。

これは心理的な問題です。

良い情報を知りたいという方は、投資顧問に登録しておくのが良いでしょう。投資顧問をバカにしてはいけません。投資顧問になるには金融の世界で最低3年以上の実務経験を要してしかも結果を出してなければなれない職業です。

しかも、5000万以上純財産額がなければなれないので、ガチな投資の実力者しかなることが出来ない仕事というのはあまり知られていない事だと思います。

しかし、評判が良くない投資顧問というのも存在するのは確かなので、今回は評判が良い投資顧問を紹介しておきます。

僕も登録してますが、ここだけでも最低限登録しておきましょう。

MJI投資顧問は評判がよく無料登録で十分なので登録しておくと良い投資方法や情報が手に入るのでやっておきましょう。

情報を制するものは、時代を制するのはいつの時代も変わりません。

情報の仕入先を増やしておくのは最善の一手になります。

ですが、その情報をどのように料理するかは自分の実力なのです。

そのための勉強ですよ。

小さな努力ですが、「人生が変わる」「投資成績が変わる」きっかけというのは、このような小さな努力によるものです。

良いキッカケになるので、やりましょう。

MJI投資顧問に登録しに行く

僕が作った個別銘柄用クロームアドオン無料提供中

もしかすると限定化してしまうかもしれないので、お早めにどうぞ
個別銘柄用クロームアドオン無料提供しています。

 

関連記事