順張りさんのグロース投資法に関して

このブログは順張りさんが実際のトレードの経験から得た投資法を書いていくブログになります。

投資方法は主にグロース投資です。

もちろん、バフェット型のバリューグロース投資も入ってきます。

参考にしている著名の投資家は以下の通りです。

ジェシー・リバモア

ウィリアム・オニール

マーク・ミネルビィ二

クリス・キャッチャー

これら4人の投資家の特徴は非常に細かいチャートの読解から得た情報を具体的な数字に置き換えているのが特徴になります。

ベースと呼ばれる、チャートの形からその値動きを予測するのが特徴です。

これら著名の投資家の投資方法に順張りさんが独自の見解を付けたして紹介できればと思っています。

著者である私、順張りさんは2013年頃から本格的に投資を始めました。

株は、2008年10月からやっていましたが、買った直後にリーマンショックが起きました。

その後、1年ぐらい売買を繰り返していましたが、全く勝てず大損を繰り返してました(笑)

買っても買っても下がる現状で嫌になってしまい、そのまま口座を放置しました。

その後、4年程放置し続け株の口座を開設した事すら忘れていました。資金は最大8割飛んでたと思います。

2013年にアベノミクスで株が大きく上がり始めたのを切っ掛けに、口座に入っていた20万円と貯金20万を足して合計40万円から再スタートしました。

2015年現在で、資金は415万円ほどになり、2年で約10倍になりました。

2年間ですが、色々な投資法を試して実験した結果で有効だったものをここで紹介できればと思っています。

あまり、有名ではない投資法がほとんどだと思いますが、有効性を確認した投資の考え方を紹介したいと思います。

(原則、仕手株系の株は扱いません)

2015年4月~7月頃にトレダビという株の大会に参加しました。

結果は28273人中201位でした。

2015年7月~10月までの大会に現在参加中です。

記事の更新ペースは遅く、半年に20記事~50記事が限界だと思います。

しっかりとしたものを書いていきたいので、ご了承ください。

夢は、このブログを再編集して順張りさんの投資法の本として出版する事です。

どこかの出版社さん拾ってください(笑)

現状で考えているテーマの種類は以下の通りです。

移動平均線
RCI
PER
PBR
EPS
マクロとミクロ
先導株
ファンダメンタル
ダマシ
振い落し
ベース
ピボット
決算発表
割安
割高
発行済み株数
大暴落の日
成長株
マーケットの天井
強気相場
ニュースをどうとらえるか
金利
新高値
株の
ロング・ショート
テクニカル指数
クライマックストップ
イグゾースションギャップ

ヘッド&ショルダーズトップ

オーバーヘッドサプライ

出来高
売り抜けの兆候
チャネルライン
150日移動平均線と200日移動平均線(ゴールデンクロス)
上髭
保有銘柄数
業種(テーマ)
ディフェンシブ銘柄
SQ
年末年始
バブル
戦争と株
下落相場
Wボトム
取っ付きカップ型
取って付きソーサー型
調整の重要性
株価の収束
増やし玉
買い下がり
ギャップアップ
ギャップダウン
平底型
正方形型
上昇後の出るフラッグ
ベースの上のベース型
トリプルボトム
無名の新興株
IPO株
特別利益
ROE
業績予想(会社予想)
コンセンサス
相場サイクル
日経平均株価
強気相場
バーナードばるーぐ
デイトレード
ピラミッディング
損益計画
弱い上昇の兆候
支持線
配当金
成り買いと指値買い
ニッチ産業
バリュー投資
材料の判断方法
株式投資とは
ウィリアム・オニール
クリス・キャッチャー
ポケットピボット
CAN-SLIM
空売り
ナンピン買い
投資家の発想
投資記録の付け方
監視銘柄
ストップ高
ストップ安
トップダウン
ボトムアップ
取っての特徴
VCPパターン
マーク・ミネルビィ二
株のオススメサイト
勝率

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク