電線地中化に関する中心企業の技術革新【全26社まとめ】

電線地中化に関する中心企業の技術革新【全26社まとめ】

電線の地中化とは

電線の地中化とは、日本が2019年からはじめる国家プロジェクトになります。

1キロ工事するだけで30億円という費用がかかるのにも関わらず。国はこれを国家プロジェクトとして成し遂げようとしています。

理由として、電線がある状態では美観が損なわれるという理由よりも、電線が地震などの災害によって切れてしまったりする事故を減らすためにやるそうです。

日本全体で、この電線地中化が行われるならば、30兆円というビックプロジェクトになりますが、当分は大都市のみで実行されるそうです。

そんな、電線地中化を推し進める技術がある企業を、このページでは紹介しています。

 

5289 ゼニス羽田

光ファイバーや電線をまとめて地中にまとめる事が出来る電線共同溝(CCBOX)の設置が出来る会社

5262 日本ヒューム

ヒューム管(いわゆる土管)を製造している会社(シェア1位)

ヒューム管は地中に電線等のケーブルを通すために使用されます。

参考文献:http://www.nipponhume.co.jp/product/110.html

5287 イトーヨーギョー

狭い道路でも無電線化が出来るD.D.BOXを製造している会社

参考文献:https://www.itoyogyo.co.jp/sol_nontelepole.html

ちょっと、話はズレますが

投資で稼ぐには未公開株に手を出すという方法もあります。

未公開株というのは、閉ざされた環境で一部の人しか買えないイメージですが、今はネット上で買えるようになり気軽に投資できちゃいます。

そのような、未公開株を扱っているサイトを株式投資型クラウドファンディング といいます。

本当の意味での投資ならば未公開株を買うという選択肢はあると思うので紹介してみました。

ちなみに株式投資型クラウドファンディングとは?

株式投資型クラウドファンディングは「投資家と事業者のマッチングサイト」です。

新しい事業をしたいけど、お金がない「事業者」と「未公開株を買ってみたい投資家」をくっ付ける新しいタイプのサイトです。

言ってしまえば「未公開株取引所」ですね。

新規登録しておけば、新しい案件を早く見れたりしますし、良い案件は一瞬で枠が埋まうので、未公開株に興味がある人は、メールアドレスとパスワードを入力するだけで登録出来るので新規登録だけはやっておきましょう。(無料です)

この手の投資の旨味は、上手く行けば数年で投資資金が何百倍になりますw

1844 大盛工業

路面覆工工法『OLY工法』という特許技術を持つ会社です。

OLY工法は半復旧が必要なく無電線化で約一ヶ月間の大幅な工期短縮が出来ます。

工期に追われる事が少なくなるので事故防止が出来るそうです。

参考文献:https://kensetsu.ipros.jp/product/detail/2000297092/

5268 旭コンクリート工業

電線共同溝特殊部のC・C・BOXというコンクリートで囲まれた箱を製造設置している会社

C・C・BOXとは

C「Community」「Communication」「Compact」
C「Cable」
BOX「Box」

ひとつ目の「C」には”地域社会”、”通信”、”小型・軽量”の3つの意味が込められている

「CableBox」の意味はケーブルを入れる箱

1942 関電工

言わずと知れた、電力工事大手です。

当然、電線地中化計画にも関わると思われます。

1944 きんでん

電力会社の配電設備の構築、維持を行っている会社

参考文献:http://www.kinden.co.jp/business/denki.html

1951 協和エクシオ

都市部の輻輳(ふくそう)した地下埋設条件下での設備構築や支障移転・無電柱化工事などを行っている会社

参考文献:http://www.exeo.co.jp/jigyou/do/index.html

3528 プロスペクト

子会社の機動建設工業は、送電線地中化及び光ファイバ網整備、ガス等ライフライン地下埋設工事を手掛け共同溝、大型ボックス、シールド工事を得意分野する会社

参考文献:http://nipponkabu.jugem.jp/?eid=62

機動建設工業は、1948年(昭和23年)に日本で初めて兵庫県尼崎市内のJR軌道下にさや管を推進設置した推進工法のパイオニア

推進管とは

推進管(主に鉄筋コンクリート管)の先端に掘進機を取り付け、地中を掘削しつつ、後方の油圧ジャッキで文字通り推し進めて、管を埋設する工法です。地面を掘り起こして管を設置する「開削工法」に対して「推進工法」や「シールド工法」は「非開削工法」と呼ばれています。

参考文献:http://www.kidoh.co.jp/jigyou/kouhou/suishin.html

5269 日本コンクリート工業

ハンドホール・マンホール・基礎ブロックを製造している会社

ハンドホール・マンホール・基礎ブロックは工期の短縮を図るためプレハブ化が進む。

これまでも多種多様な製品が採用され、現場に応じた特殊形状の設計にも対応

参考文献:https://www.ncic.co.jp/civil/underground.html

 

ハンドホールとは

ハンドホールとはブロックハンドホールと呼ばれる製品の略称です。
一般には電気、通信配線用ブロックマンホール(組立マンホール)の一種にあたります。

参考文献:http://manholes.co.jp/product/concrete/handhole/

5603 虹 技(こうぎ)

C.C.BOXの製造会社

虹技の鉄蓋は電線類の地中化による、安全かつ円滑な道路交通の確保と、道路の景観整備というC・C・Boxの設置の目的に添い、可能な限りコンパクト、かつ低コストで最大限の機能を有するように設計

参考文献:http://www.kogi.co.jp/bumon_kogata_eleline.html

1721 コムシスホールディングス

電線共同溝(C.C.BOX)の設置工事をしている会社

参考文献:http://www.comsys-hd.co.jp/index.php

1941 中電工

電線地中化工事をする会社

参考文献:http://www.chudenko.co.jp/

1949 住友電設

電線地中化工事をする会社

参考文献:https://www.sem.co.jp/

4231 タイガポリマー

タイレックスと呼ばれる長尺で曲げやすく、電線管布設の省力化・工期短縮を図ります。 難燃タイレックス・FE-Pシステム(難燃性可とう多条電線保護管)もあります。

参考文献:https://tigers.jp/product/detail/112

5285 ヤマックス

生コンを使い製品を作るコンクリート2次製品を製造している会社

TSKJ工法と呼ばれるヤマックス独自のコンクリート結合工法は地震やたわみに強く水も通さない結合方法として電線地中化に貢献

参考文献:http://www.yamax.co.jp/products/

5758 FCM

電線を作っている会社

日本一の伸線生産能力

5801 古河電気工業

地中埋設用ケーブル保護管「角型エフレックス」を発売

従来の多条多段配管では、塩化ビニル管などの直管、曲り管を組み合わせ、管枕を用いて組上げる必要がありましたが、「角型エフレックス」は、手作業で容易に曲げることができるため、曲り管が不要になるという特徴がある

参考文献:https://www.furukawa.co.jp/release/2017/fun_170516.html

5803 フジクラ

産業用電線を作っている会社

参考文献:http://www.fujikura.co.jp/products/index.html#/nl-lv2-01/nl-lv2-01-lv3-04/nl-lv2-01-lv3-04-lv4-02

5805 昭電線HD

電線を作っている会社また、電設資材なども製造

参考文献:http://www.swcc.co.jp/products/index.html

5807 東京特殊電線

こちらも、産業用電線を作っている会社

参考文献:http://www.totoku.co.jp/products/

5809 タツタ

「油・空圧機器」「制御機器」「モーター·減変速機」「パワートランスミッション関連機器」
「ベアリング関連機器」「搬送機器」など土木工事を必要とする時に使用する機械の部品などを製造している会社

参考文献:http://www.kk-tatsuta.co.jp/product00

5815 沖電線

電線地中化の際に一緒に地中に埋め込まれる光ファイバーなどを製造している会社

参考文献:http://www.okidensen.co.jp/jp/prod/cable/index.html

5922 那須電機鉄工

C.C.BOXの製造会社、また設置工事

参考文献:http://www.nasudenki.co.jp/products/const/index.htm

9624 長 大

電線地中化工事業者

参考文献:https://www.chodai.co.jp/products/

9824 泉州電業

光ファイバーなどの製造会社

参考文献:https://www.senden.co.jp/product/

テーマカテゴリの最新記事