アノマリー投資について知ってる事を全部まとめました。

アノマリー投資について知ってる事を全部まとめました。
目次

アノマリーとは

法則性や理論からみての異常などと言われており、株式投資の世界ではアノマリー投資という投資が存在するほどに、なぜそんな現象が起こっているのか解明されていない法則性をアノマリーといいます。

ですが、実際にそういう傾向にあり100%ではないにしろ、投資には優位性があるようが現象が多数確認されています。

そんなアノマリーに関する知っている情報をすべて掲載します。

1月効果

1月には株価が高くなりやすい傾向にあることを言います。

年末の税金対策などの売りが一巡して、1月に新規の買いが入りやすいからと言われています。

 

節分天井彼岸底

昔から言われている格言ですね。

最近はあまり当てはまらないようです。

 

 4月効果

4月は株価が高くなりやすく、そこが天井になる可能性が高いので4月に売りましょうという経験則になります。

GWの値動き

4月効果と似てますが、この辺りで天井になる銘柄多数現れることからGWの値動きには注意しましょうというアノマリーですね。

 

Sell in May

たまに5月は大暴落を起こします。

また、4月効果と同じで、5月で売れと言われてるぐらい下がりやすい値動きになりやすい時期になります。

逆に、この4月5月で下値を割らないような動きの場合は6月頃から株価が高騰します。

これは、日経平均株価にも個別銘柄にも言えることです。

 

夏枯れ相場

大口投資家などが夏休みに入ってしまうので、出来高が増えず枯れたように動かない相場の事を言います。

夏枯れ相場が終わった後にも、株価の動きが不穏だった場合には

その後暴落の危険性が残ります。

 

 

8月後半の円高

8月は円高になると言ってますが、当てはまらないことが多いようです。

(計測年:月初終値 → 月末終値)
2016年:102.38 → 103.42 【円高】
2015年:124.01 → 121.22 【円安】
2014年:102.61 → 104.05 【円高】
2013年:99.53 → 98.15 【円安】
2012年:78.43 → 78.37 【円安】
2011年:77.24 → 76.59 【円安】
2010年:86.48 → 84.16 【円安】
2009年:95.25 → 93.01 【円安】
2008年:107.66 → 108.75 【円高】
2007年:118.84 → 115.75 【円安】

参考文献:【17年下半期】「8月円高」アノマリー/直近の発生率とその理由

9月~10月の株安

8月の夏枯れ相場が終わったのにも関わらず、株価が下値を割れている銘柄が多いなどという時に、9月~10月に株価が大暴落を起こす時があります。

 

 

その他10月末頃の動き

全部ではないですが、大底になる銘柄が多数現れます。

 

12月の株安

利益確定や損出しで株価が下落する傾向にあるそうです。

逆にプラチナは12月に上がる傾向があるそうですよ。

 

月曜の株安

データで月曜は下がりやすいという結果が出ているそうです。

月曜日

勝率: 45.83 %
勝ち数: 66,145 回
負け数: 78,178 回
引き分け数: 9,516 回

平均損益(円): -235 円  平均損益(率): -0.12 %
平均利益(円): 3,016 円  平均利益(率): 1.51 %
平均損失(円): -3,015 円  平均損失(率): -1.51 %

合計損益(円): -36,202,329 円  合計損益(率): -18,104.11 %
合計利益(円): 199,471,450 円  合計利益(率): 99,751.89 %
合計損失(円): -235,673,779 円  合計損失(率): -117,856.00 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 0.846
平均保持日数: 0.00 日

 

以上が、検証結果です。

検証結果を見てみると、勝率は45.83%、平均損益は-0.12%です。

 

参考文献:月曜日の株価は上がる?下がる?【株シストレ研究所】

 

二日新甫は荒れる

月の最初の2日間は荒れるという意味です。

ですが、最近はあまり当てにならないそうです。

 

1991~2012年までのデータを基に、
実際に二日新甫の相場を検証してみました。
この期間の二日新甫は34回あります。

そして調べた結果がこちら。

年月終値 – 始値
1991年09月1,587.59△6.6%
1991年12月338.25△1.5%
1992年03月-2,002.18▲10.3%
1992年11月951.15△5.4%
1993年08月633.86△3.0%
1994年05月1,325.06△6.3%
1995年10月-266.74▲1.5%
1996年09月1,369.80△6.4%
1996年12月-1,673.59▲8.6%
1997年06月521.45△2.5%
1998年02月146.66△0.9%
1998年03月-373.83▲2.3%
1998年11月1,235.42△8.3%
1999年08月-390.68▲2.2%
2000年10月-1,196.11▲8.2%
2001年04月876.67△6.3%
2001年07月-1,068.89▲9.0%
2002年09月-181.61▲1.9%
2002年12月-629.66▲7.3%
2003年06月592.89△6.5%
2004年02月256.99△2.3%
2004年08月-192.66▲1.7%
2005年05月322.38△2.9%
2006年10月230.39△1.4%
2007年04月54.16△0.3%
2007年07月-890.15▲5.2%
2008年06月-861.58▲6.4%
2009年02月-340.09▲4.5%
2009年03月655.25△8.1%
2009年11月-558.22▲6.0%
2010年08月-750.58▲8.5%
2011年05月-270.66▲2.8%
2012年04月-640.83▲6.7%
2012年07月-408.73▲4.7%

株価が高くなった月は16回、低くなった月は18回でした。

1991~2012年の全期間では高くなったのが130回、
低くなった月が134回とほぼ同じ割合なので、
特に目立った違いはありませんでした

 

参考文献:二日新甫は荒れる?荒れない?

TOM効果

月末は株高になりやすいという効果です。

実際に検証した結果は、本当にそういう効果があるそうですよ。

月末4日営業日前の始値で投資し、月初2日営業日の終値で回収した場合を検証します。

結果は、60回中35回、58%の確率で上昇しており、平均で0.34%上昇しました。

実際に投資していれば、20.56%上昇しています。

 20092010201120122013
1末0.55%-1.29%0.45%-0.15%2.34%
2末-0.51%-1.02%-0.91%1.90%0.76%
3末3.43%3.59%1.86%-1.01%-3.68%
4末6.27%-6.11%1.58%-0.91%0.05%
5末3.63%0.38%0.59%-3.60%-2.94%
6末2.58%-5.88%3.44%4.55%7.78%
7末2.55%1.91%-2.32%2.91%0.88%
8末-2.60%1.74%2.33%-3.97%3.15%
9末-6.38%-1.84%-0.47%-2.72%-3.69%
10末-4.27%-2.41%-0.39%-0.09%-0.25%
11末2.42%0.50%6.21%0.65%1.60%
12末1.28%0.85%0.54%5.02%-0.29%

 

参考文献:TOM効果

SQに関する効果

SQ日という日があるのですが、その日はめちゃくちゃ荒れる傾向にあるというアノマリーですね。

ただ、最近は国が買い支えてるせいか、そこまで大きな荒れかたはしてません。

SQ日を調べるにはこのサイトから見れます。

 

サイクル周期

サイクル周期というのは、物事には一定の周期で同じような動き方になるという理屈から来ているアノマリーです。

サイクル周期一覧

メリマン・サイクル

安値から安値までの間隔が、18週から22週くらいになっているというサイクル周期

30年サイクル

30年毎にバブルが来るというサイクル周期です。

8.6年サイクル

8.6年毎に歴史的な金融危機が起きるとしているサイクル周期です。

ジュグラーサイクル

10年も経つと設備が古くなり、買い替え需要があるという10年周期のサイクルです。

これに合わせて好景気が来るそうです。

キチンサイクル

40ヶ月(3年と4ヶ月)毎に好景気と不景気が順番に来るそうです。

ジュグラーサイクルの中に、キチンサイクルが2つか3つ入るそうです。

グズネッツサイクル

20年毎に訪れる建物に建て替え周期です。

建築循環サイクルとも言われています。

コンドラチェフサイクル

景気循環が50年毎に訪れるとされるもので、技術革新が起きるのが約50年毎なので、その周期なのではと言われています。

日本の成長と衰退には80年というサイクルがある

日本は40年周期で成長と衰退を繰り返しているという説があるそうです。

1868年明治維新→1904年日露戦争勝利=成長期

1904日露戦争勝利→1945年国家破産=衰退期

1950年朝鮮戦争特需→1990年バブル経済=成長期

1990年バブル経済→2030年「?」

 

ゴトー日(5,10のつく日はドル買い)

5日締めや10日締め、20日締めというようにゴトー日には銀行の企業取引が活発化するので、円安になるというアノマリーです。

 

 アメリカ大統領選挙

大統領選挙の翌年は相場が冴えないというアノマリー

また、大統領選挙の年は株価が上がりやすいというアノマリーもある。

数字で見ると

大統領選の前年で10.4%

次が本選のある年で7.3%

本線の翌年は5.5%

中間選挙の年の4%

衆議院選挙の解散日と選挙日前々日の株価はあがりやすい

衆議院選挙の解散日と選挙日前々日の株価はあがりやすいそうです。

解散日選挙日解散日 日経平均選挙日前 日経平均騰落率
1986年6月2日1986年7月6日16739円17598円+5.1%
1990年1月24日1990年2月18日36779円37460円+1.9%
1993年6月18日1993年7月18日19805円20332円+2.7%
1996年9月27日1996年10月20日21547円21612円+0.3%
2000年6月2日2000年6月25日16800.06円16963.21円+1.0%
2003年10月10日2003年11月9日10786.04円10628.98円-1.5%
2005年8月8日2005年9月11日11778.98円12692.04円+7.8%
2009年7月21日2009年8月30日9652.02円10534.14円+9.1%
2012年11月16日2012年12月16日9024.16円9737.56円+7.9%
2014年11月21日2014年12月14日17357.51円17371.58円+0.1%

※選挙日は、日曜なので選挙日の前の日経平均は、選挙日前々日の金曜日の終値です。

実に10回中9回が上昇しています。

平均騰落率は、+3.4%となっています。
参考文献:【2017年衆議院選挙】選挙と株価の過去10回の上昇下落傾向-選挙後1か月後の株価は?

 

満月は株価の転換点になる

満月の日はその10日前と10日後を比較した場合、平均して約4倍も逆方向に動くので、相場の転換点となっている可能性が高いそうです。

参考文献:満月・新月で株価はどう動く?

新月の株高

統計的には、あまり信憑性はないそうです。

太陽の黒点と株高の相関性

太陽の黒点が多いと株高になりやすいそうです。

減ると不景気になりやすいそうです。

太陽の黒点の予測は、SWC宇宙天気情報センターという所が行っているのでチェックしてみましょう。

大納会で取引量が大きかった銘柄は、大発会も強い値動きをする

そのままですが、大納会に大幅高をした銘柄は大発会も強い値動きをするそうです。

 

大発会で急上昇した銘柄は、1年を通して人気銘柄になる

大発会に強い値動きをした銘柄は1年を通して強い動きをするアノマリー

サンタクロースラリーの7日間は日経平均株価は上がりやすい

12月25日から7営業日ほどは株価が上がりやすいというアノマリーです。

11月に投資して4月に売る(ハロウィン効果)

日経平均株価を10月末に買って4月末に売った場合で、平均リターンは6%を超えているそうです。

参考文献:株は「10月に買い、4月に売れ」 ハロウィン効果を検証

大発会に去年一番暴落した銘柄を買って3割あがったら売る法則

下落幅大きかった5銘柄だけを買って3割上がったら売るだけの投資法

3月31日に保険業種に銘柄を空売り

3月31日は配当の権利獲得日になります。

権利獲得日の翌日は株価が下がることが多いので、空売りをし落ちた所を取る方法です。

大型株で保険業種の場合は配当利回りが高く、大型株なので逆日歩も付きにくいのでオススメになります。

日経平均株価の1年間の値幅は4000円~6000円の間に収まる

1年間の日経平均株価の上下の幅は4000円~6000円以上になった事がありません。

 

日経平均株価が10連投以上するとバブルになる

過去の日経平均株価の連騰記録は10連騰以上となった年代は株価バブルになります。

また、基本的に30年サイクルで起きるそうです。

 

参考文献:連騰記録の“30年サイクル”から読む今後の相場

 

ダウが強く日経平均株価が弱いと弱気相場になる

ダウが上昇しているにも関わらず、日経平均株価が弱い状態が続くと近い将来弱気相場に入るそうです。

リーマンショック前とかそんな感じでした。

 

1月に上昇した銘柄は年間パフォーマンスが良いことが多い

1月騰落率上位50銘柄の平均は1年を通して成績が良いことが多いそうです。

藤戸則弘氏がモーサテで言ってました。

市場の暴落が起きる状況は2つある

1つ目は「みんなが暴落を心配している時」

2つ目は「誰も暴落を心配していない時」

 

空売り比率が4割を切ると、その後1カ月の株価は好調に推移する

日経平均株価の空売り比率が4割を超えた後に4割を切ると株価は一ヶ月は好調になるそうです。

空売り比率はこちらのサイトで確認できます。

アノマリーカテゴリの最新記事