ファンダメンタル

2/2ページ
  • 2018.01.27

IRに電話した時に聞くべき質問と電話対応の仕方で株価が上がる会社を見分ける方法

IRとは IRとはinformation retrieval の略で、日本語に直すと情報検索となります。 株主が、会社に電話して会社の状態を色々聞く行動をIRに電話するといい 投資家にとっては、有益な情報を得る方法の一つになります。 株主には会社の事を知ってもらい長期的に株を保有してもらう意図がある為、会社側は積極的に株主とコミュニケーションを取りたがる傾向にあります。 電話してみるとわかりますが […]

  • 2018.01.26

PERが当てにならない理由と景気敏感株とPERの関連性

PERとは PERとは日本語に直すと株価収益率といいます。 基本的な考え方としては割安度を図る時に使う指標になります。 株式投資を行う上で、非常に有名な指標になりますが、誤解も多くPERが低ければ単純に割安であるといった勘違いをされている方も多い指標になります。 そんな誤解の多いPERですが、基本的な考え方としては割安なものは、そのうち適正な株価に是正されるというバリュー投資的な一面もある面におい […]

  • 2017.07.14

機関投資家が保有する銘柄の株価は上がる可能性が高いの要チェックだ!

I(Institutional Sponsorship=機関投資家による保有) 株価を押し上げるには大きな買いの需要が必要です。株式市場において、最大の買い需要になるのは機関投資家になります。 投資信託、年金基金、ヘッジファンド、保険会社、投資顧問会社、銀行の信託部門、国家機関、教育機関など、これらはすべて機関投資家と呼ばれます。これらの機関投資家の買い需要は爆発的な出来高を伴い日々のマーケットを […]

  • 2017.07.13

注目株の多くは市場全体を主導する銘柄である。爆上げ銘柄をチェックする理由

L(Leader or Laggard=主導銘柄か、停滞銘柄か) 投資家の多くは、下落している銘柄や対して大きな動きをしていない銘柄を好んで買う傾向にあります。これは、その銘柄が不安定な動きをしていないため、安心感があり自分の予想の範囲内の動きをすると思い込むからです。ですが、これらの銘柄は最も動きの鈍い停滞株で終わる可能性が高く、大きな収益を得る事が出来ない場合が多いのです。 業界内で最高の銘柄 […]

  • 2017.07.08

大化け銘柄の見つけ方と条件!年間EPSの増加に注目しよう

A(Annual Earnings Increases)=年間EPSの増加-大きく成長している銘柄 この記事はオニールの成長株発掘法という本を参考に書いています。 このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください。 今後の投資活動において非常に参考になると思います。   年間EPSの増加率が3年以上上昇している銘柄を選ぶ 大化け銘柄になる条件の一つとして、年間EPSが3年以上上 […]

  • 2017.07.08

株で儲けたいならEPSと売上に注目する完全に確立された投資法(CANSLIMのC)

CANSLIMの C(CUrrent Quarterly Earnings=当期四半期EPSと売上) この記事はオニールの成長株発掘法という本を参考に書いています。 このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください。今後の投資活動において非常に参考になると思います。   過去におお化け銘柄と言われる銘柄には当期四半期1株利益が大幅に増加している企業という特徴があります。 ウィリ […]