ベース構造

  • 2018.01.29

売り枯れの判断方法と出来高の分析で底値と大化け銘柄を見つける方法

売り枯れの意味と定義 売り枯れとは、売りが出なくなるぐらい出来高が減る事を言います。 なので、底値付近で停滞しており、全く動かない状態になります。 基本的に、売り枯れが発生している時には大口の投資家が株を買い占めている時で、ある一定ラインを下回ると必ず買い支えのような動きになるのが特徴です。 また、市場全体が大暴落するような時には、買い支えの動きは躊躇にでているので、非常に分かりやすく、次のスター […]

  • 2017.07.12

株価が上昇する要因は「新」が付くことが絶対条件である(書き途中)

N(Newer Companies,New Products, New Management,New Highs Off Properly Formed Bases=新興企業、新製品、新経営陣、正しい株価のベースを抜けて新高値) 誰もが驚くような株価を上昇させる要素は何か新しいモノが必要になります。収益の増加を手助けしてくれるような新製品や新サービス、今までの古い体質を一掃するような強い新経営陣、 […]

  • 2015.10.25

押し目の形に注目すれば上がる銘柄が分かる【ベース構造を把握する】

1.ベースとは何か ベースとはウィリアム・オニールが呼んでいる初期の株価上昇後に形成される株価の調整と揉み合い期間機関のことになります。 このベースが形成された後に株価の高騰が起こる傾向があります。 ステージ分析では、主に第2ステージで現れることが多いです。 ベースの分析は、非常に難易度が高く間違いやすいので注意が必要です。 ですが、慣れてくると非常に高い確率で、高騰する銘柄を見つけることが可能に […]