ファンダメンタル

I(Institutional Sponsorship=機関投資家による保有)

株価を押し上げるには大きな買いの需要が必要です。
株式市場において、最大の買い需要になるのは機関投資家になります。

投資信 ...

ファンダメンタル

L(Leader or Laggard=主導銘柄か、停滞銘柄か)

投資家の多くは、下落している銘柄や対して大きな動きをしていない銘柄を好んで買う傾向にあります。
これは、その銘柄が不安定な動きをしていないため、安心 ...

テクニカル指数

S(Supply and Demand=株式の需要と供給)重要なポイントで株式の需要が強いこと

株式市場は需要と供給で成り立っています。
当たり前の話なのですが、この基本原理を良く読み解くと、今後この株は将来買われ ...

アナリスト

アナリストよりも優秀な需給の基本原理

アナリストは色々な角度から会社を分析しています。

一見、非常に詳しく正しい分析をしているかのように見えますが、実際の値動きとは反対に動く場合も多いのは多くの人が知っての通りでしょう。

ベース構造

N(Newer Companies,New Products, New Management,New Highs Off Properly Formed Bases=新興企業、新製品、新経営陣、正しい株価のベースを抜けて新高値)

ファンダメンタル

A(Annual Earnings Increases)=年間EPSの増加-大きく成長している銘柄

この記事はオニールの成長株発掘法という本を参考に書いています。

このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください。 ...

ファンダメンタル

CANSLIMの C(CUrrent Quarterly Earnings=当期四半期EPSと売上)

この記事はオニールの成長株発掘法という本を参考に書いています。

このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください ...

相場サイクル

普遍的な相場の局面推移

この記事は浦上邦雄さんの相場サイクルの見分け方という本を参考に書いています。

このページよりも詳しく知りたい方は、ぜひ買ってみてください。
今後の投資活動において非常に参考になると思