アナリストよりも優秀な需給の基本原理(書き途中)

アナリストよりも優秀な需給の基本原理

アナリストは色々な角度から会社を分析しています。

一見、非常に詳しく正しい分析をしているかのように見えますが、実際の値動きとは反対に動く場合も多いのは多くの人が知っての通りでしょう。
レーティングといわれる、証券会社のアナリストが目標株価を設定し買い煽る光景を見た事がある人も多いと思います。

 

証券会社が出すレーティングの意味とは

レーティングの目標株価は飽くまで参考にしかならず、あまり当たりません(笑)
それでは意味がないじゃないかと言われる気持ちもわかりますし実際に私自身は意味が無いと感じているので参考にもしていません。

レーティングを出す意味などないと感じますが、そのレーティングを見て買う人が多いのも事実になります。

なので、多少は株価の上昇効果があると思いますが個人的にはレーティングを見て買うことはオススメできません。

 

証券会社が出すレーティングは売り抜けるため?

最初に書いておきますが、これは私が勝手に推測した事であり真相は謎に包まれています。

稼げないトレーダーの特徴

勝てないトレーダーには、共通の特徴があります。それは「ルールを守れない」「感情に左右される」「勉強不足」などです。

これらは、時間が解消してくれるものではなく、修行僧のように自分と向き合う必要があり、安定した結果を出せる人は僅か10%程度とされていて

かなり狭き門なのです。

トレーダーズ証券では、買ってる人のシステムトレードを自動でコピートレードしてくれるサービスがあり、これが、凄いです・・・。

証券会社が提供しているサービスという事もあり、安心できますし、新しい技術ですが、こういう新しい波に乗ると大きなお金が稼げるのはいつの時代も変わらないと思います。

少しの努力ですが、こういう小さな行動の積み重ねや経験が大きなチャンスに繋がります。

無料で口座は作れますし、トレードすると50000円貰えるキャンペーン中らしいので、是非やってみましょう。

トレーダーズ証券に口座を開設する

関連記事