潜在GDP成長率と実質GDP成長率の逆転現象で株価暴落のタイミングを予想する。

潜在GDP成長率と実質GDP成長率を使い株価暴落のタイミングと経済について考察してみるというのが、このページのテーマになる。

潜在GDP成長率と実質GDP成長率の関係は、基本的に潜在成長率よりも実質GDP成長率の数値が小さくなった時、株価が大幅に下落しやすいという特徴がある。

実質GDP成長率の公表はは四半期毎になるので、完全なリアルタイムという訳では無いが、そろそろ株価の暴落が起こってもおかしくないという危機を察知する指標になることは間違いないので覚えておくと良いだろう。

ただし、逆転したからと言って、確実に暴落するわけでもないので過剰に反応しすぎるのも注意しなくてはいけない。

多くの指標の中の一つという認識でいれば良いだろう。

過去の例でいうと

①日本のバブル崩壊

日本のバブルは1989年12月をピークに付ける。

その時の潜在成長率と実質GDP成長率が逆転した時期は1990年頃になる。

②ITバブル崩壊

ITバブルのピークは、2000年3月頃になる。

潜在成長率と実質GDP成長率が逆転した時期は2000年頃になる。

③リーマンショック(米国不動産バブル)

リーマンショック(米国不動産バブル)のピークは、2007年6月になる。

潜在成長率と実質GDP成長率が逆転した時期は2008年頃になる。

過去30年間で3回実質GDP成長率と潜在成長率の逆転現象が起こっており、その都度大幅な株価の下落が見られるという傾向にある。

このように、完全なリアルタイムという訳では無いが、ある程度の予測が可能なので、他の指標と合わせてみることにより、素早くショック安への危機対応が取れる。

尚、巨大なショック安から潜在成長率と実質GDP成長率の逆転があった場合その乖離が-4%以上になると株価の大底が見えてくるという認識を持っておくのも大事なので覚えておこう。

潜在

最新の実質GDP成長率と潜在成長率の調べ方

実質GDP成長率は内閣府のサイトで国民経済計算(GDP統計)という所で最新データを見ることができる。

2019y06m19d_162535497

潜在成長率も内閣府のサイトの月例経済報告ページで確認することができる。

2019y06m19d_162651725

計算方法は「実質GDP成長率 - 潜在成長率」をやるだけだ。

非常に簡単なので確認する癖をつけておくといいだろう。

過剰債務がなければ株価の大暴落は起きづらい

株価の大幅な下落の前には、過剰債務という現象があるという事を覚えておくと良いだろう。

詳しくは、債務と資産市場の価格暴騰に関しては、レイ・ダリオ(Ray Dalio)が説明している動画がインターネット上にあるので、参照してもらいたい。

この動画では、債務残高が小さい場合には、いくら景気が下向いても、株価が大きくは下落しない理由を解説している。

債務残高が増えていくと、株価がクラッシュしやすくなるという過去の例を知っておくことが重要となる。

最初の方は、経済の仕組みから入り15分を過ぎた頃から過剰債務の話が出てくるので、頑張ってみてみてほしい。

ちなみに、リーマンショック後の大幅な株価の上昇は、多くの人が米国株式市場に関してバブルではないかと懸念している。

しかし、これまでの米国株式市場はバブルなのではない。

過剰債務が無い状態での、資産価格の上昇はバブルとは言えず、きちんとした中身が伴った上昇と言える。

もし、これから債務が膨張するような自体になるのであれば、それはバブルの可能性が高まっていると考えるべきだろう。

負債l

勝てないトレーダーの共通点

勝てないトレードの原因は色々ありますが、一つに情報収集しないという所があると思います。

自分一人で情報を集めようとするのではなく、本やツイッターや掲示板、投資顧問など積極的に情報収集しておくべきです。

次に、その情報に対して分析を行い、それは良いトレードになるのかどうかを考えます。

情報を見てもそれが正しい情報なのか分析できなければいけません。

そのためには積極的に情報を取りに行く貪欲さと常に勉強し新しい知識と古い知識を混ぜ合わせてより良いトレード手法の開発も必要になります。

その次に心理的な問題が立ちはだかります。

良い情報と手法で8割は勝てるトレーダーの条件が揃いますが、残り2割の心理的問題が情報やトレード手法を信じる心を折りにかかります。

どんな方法でも、100%勝てる手法はなく一回負けたからトレード手法変える人が多い印象を受けます。

これは心理的な問題です。

良い情報を知りたいという方は、投資顧問に登録しておくのが良いでしょう。投資顧問をバカにしてはいけません。投資顧問になるには金融の世界で最低3年以上の実務経験を要してしかも結果を出してなければなれない職業です。

しかも、5000万以上純財産額がなければなれないので、ガチな投資の実力者しかなることが出来ない仕事というのはあまり知られていない事だと思います。

しかし、評判が良くない投資顧問というのも存在するのは確かなので、今回は評判が良い投資顧問を紹介しておきます。

僕も登録してますが、ここだけでも最低限登録しておきましょう。

MJI投資顧問は評判がよく無料登録で十分なので登録しておくと良い投資方法や情報が手に入るのでやっておきましょう。

情報を制するものは、時代を制するのはいつの時代も変わりません。

情報の仕入先を増やしておくのは最善の一手になります。

ですが、その情報をどのように料理するかは自分の実力なのです。

そのための勉強ですよ。

小さな努力ですが、「人生が変わる」「投資成績が変わる」きっかけというのは、このような小さな努力によるものです。

良いキッカケになるので、やりましょう。

MJI投資顧問に登録しに行く

僕が作った個別銘柄用クロームアドオン無料提供中

もしかすると限定化してしまうかもしれないので、お早めにどうぞ
個別銘柄用クロームアドオン無料提供しています。

 

関連記事