FOMCの利上げや利下げを予想する方法とツールの使い方の紹介

経済ニュース等で「FRBは次回FOMCで利下げする割合は98%まで高まり」などという言葉で書かれているのを、見たことある人は多いと思いますが、この数字の根拠は何を根拠に出しているのか知っている人は少ないと思うので紹介したいと思います。

今回は、このニュースサイト等では言わないFRBがFOMCで利下げする割合の基準は何なのかという所を説明していこうと思います。

2019y07m02d_134107948

次回FOMC予想確率の計算方法

2019y07m02d_135403412

2019y07m02d_135634297

引用先:https://www.cmegroup.com/ja/education/files/fed-funds-futures-probability-tree-calculator.pdf

次々回のFOMC予想確率の計算方法

2019y07m02d_140035203

2019y07m02d_140046002

2019y07m02d_140058711

2019y07m02d_140104615

引用先:https://www.cmegroup.com/ja/education/files/fed-funds-futures-probability-tree-calculator.pdf

フェデラルファンド(FF)金利先物の FOMC 予想確率の自動計算サイト

正直上記のような計算をいちいちしてられません。

なので、この計算を自動で計算してくれるツールが存在するので紹介します。

それを

FedWatch Tool

といいます。

2019y07m02d_140719572

FedWatch Toolの使い方

FedWatch Toolの見方は3箇所だけ覚えておけば問題ありません。

2019y07m02d_141756755

①PROBABILITIES(現在の金利と比べて利上げになるのか利下げになるのか確率で表している)

EASE(利下げ確率)

NO CHANGE(据え置き)

HIKE(利上げ確率)

 

②Target Rate Probabilifiles for…(その金利になる確率を表しているグラフ)

グラフの読み方は「175-200(21.4%)」と書かれているが、これは下限金利が1.75%上限金利が2.00%になる確率が21.4%あります。という意味になります。

 

③次回以降のFOMCの日付(約1年分を見ることができる)

「31 719」と書かれているが、これは2019年7月31日のFOMCの日付という意味になります。

現状や過去の金利状況を知る方法

現状や過去の金利状況を知る方法は、みんかぶFXというサイトで確認できます。

こちらのサイトの場合は約3年分のデータしかないので、それ以上前のデータを知りたい方は

画像として2016年7月からは僕が保存しているので、こちらから飛んでください。

動画でも説明しているのでチャンネル登録と共に動画も見てください。

勝てないトレーダーの共通点

勝てないトレードの原因は色々ありますが、一つに情報収集しないという所があると思います。

自分一人で情報を集めようとするのではなく、本やツイッターや掲示板、投資顧問など積極的に情報収集しておくべきです。

次に、その情報に対して分析を行い、それは良いトレードになるのかどうかを考えます。

情報を見てもそれが正しい情報なのか分析できなければいけません。

そのためには積極的に情報を取りに行く貪欲さと常に勉強し新しい知識と古い知識を混ぜ合わせてより良いトレード手法の開発も必要になります。

その次に心理的な問題が立ちはだかります。

良い情報と手法で8割は勝てるトレーダーの条件が揃いますが、残り2割の心理的問題が情報やトレード手法を信じる心を折りにかかります。

どんな方法でも、100%勝てる手法はなく一回負けたからトレード手法変える人が多い印象を受けます。

これは心理的な問題です。

良い情報を知りたいという方は、投資顧問に登録しておくのが良いでしょう。投資顧問をバカにしてはいけません。投資顧問になるには金融の世界で最低3年以上の実務経験を要してしかも結果を出してなければなれない職業です。

しかも、5000万以上純財産額がなければなれないので、ガチな投資の実力者しかなることが出来ない仕事というのはあまり知られていない事だと思います。

しかし、評判が良くない投資顧問というのも存在するのは確かなので、今回は評判が良い投資顧問を紹介しておきます。

僕も登録してますが、ここだけでも最低限登録しておきましょう。

MJI投資顧問は評判がよく無料登録で十分なので登録しておくと良い投資方法や情報が手に入るのでやっておきましょう。

情報を制するものは、時代を制するのはいつの時代も変わりません。

情報の仕入先を増やしておくのは最善の一手になります。

ですが、その情報をどのように料理するかは自分の実力なのです。

そのための勉強ですよ。

小さな努力ですが、「人生が変わる」「投資成績が変わる」きっかけというのは、このような小さな努力によるものです。

良いキッカケになるので、やりましょう。

MJI投資顧問に登録しに行く

僕が作った個別銘柄用クロームアドオン無料提供中

もしかすると限定化してしまうかもしれないので、お早めにどうぞ
個別銘柄用クロームアドオン無料提供しています。

 

関連記事