FOMCの利上げや利下げを予想する方法とツールの使い方の紹介

経済ニュース等で「FRBは次回FOMCで利下げする割合は98%まで高まり」などという言葉で書かれているのを、見たことある人は多いと思いますが、この数字の根拠は何を根拠に出しているのか知っている人は少ないと思うので紹介したいと思います。

今回は、このニュースサイト等では言わないFRBがFOMCで利下げする割合の基準は何なのかという所を説明していこうと思います。

2019y07m02d_134107948

次回FOMC予想確率の計算方法

2019y07m02d_135403412

2019y07m02d_135634297

引用先:https://www.cmegroup.com/ja/education/files/fed-funds-futures-probability-tree-calculator.pdf

次々回のFOMC予想確率の計算方法

2019y07m02d_140035203

2019y07m02d_140046002

2019y07m02d_140058711

2019y07m02d_140104615

引用先:https://www.cmegroup.com/ja/education/files/fed-funds-futures-probability-tree-calculator.pdf

フェデラルファンド(FF)金利先物の FOMC 予想確率の自動計算サイト

正直上記のような計算をいちいちしてられません。

なので、この計算を自動で計算してくれるツールが存在するので紹介します。

それを

FedWatch Tool

といいます。

2019y07m02d_140719572

FedWatch Toolの使い方

FedWatch Toolの見方は3箇所だけ覚えておけば問題ありません。

2019y07m02d_141756755

①PROBABILITIES(現在の金利と比べて利上げになるのか利下げになるのか確率で表している)

EASE(利下げ確率)

NO CHANGE(据え置き)

HIKE(利上げ確率)

 

②Target Rate Probabilifiles for…(その金利になる確率を表しているグラフ)

グラフの読み方は「175-200(21.4%)」と書かれているが、これは下限金利が1.75%上限金利が2.00%になる確率が21.4%あります。という意味になります。

 

③次回以降のFOMCの日付(約1年分を見ることができる)

「31 719」と書かれているが、これは2019年7月31日のFOMCの日付という意味になります。

現状や過去の金利状況を知る方法

現状や過去の金利状況を知る方法は、みんかぶFXというサイトで確認できます。

こちらのサイトの場合は約3年分のデータしかないので、それ以上前のデータを知りたい方は

画像として2016年7月からは僕が保存しているので、こちらから飛んでください。

動画でも説明しているのでチャンネル登録と共に動画も見てください。

稼げないトレーダーの特徴

勝てないトレーダーには、共通の特徴があります。それは「ルールを守れない」「感情に左右される」「勉強不足」などです。

これらは、時間が解消してくれるものではなく、修行僧のように自分と向き合う必要があり、安定した結果を出せる人は僅か10%程度とされていて

かなり狭き門なのです。

トレーダーズ証券では、勝ってる人のトレードを自動でコピートレードしてくれるサービスがあり、これが、凄いです・・・。

証券会社が提供しているサービスという事もあり、安心できますし、新しい技術ですが、こういう新しい波に乗ると大きなお金が稼げるのはいつの時代も変わらないと思います。

少しの努力ですが、こういう小さな行動の積み重ねや経験が大きなチャンスに繋がります。

無料で口座は作れますし、トレードすると50000円貰えるキャンペーン中らしいので、是非やってみましょう。

トレイダーズ証券に口座を開設する

関連記事