投資するには夏枯れ相場は時期が悪い「いつから、いつまで」が夏枯れなのか特徴を解説する

このページでは、夏枯れ相場と日経平均株価の関連性と夏枯れ相場が「いつから」「いつまでなのか」を説明していきます。

また、日経平均株価が上がらない時期、ボラティリティの低下する時期はいつなのかを説明します。
投資(投機)する時期はいつが適切なのかというのを知ることにより、ポジション量を適切にする事で、むやみにリスクを取ることを防ぐのが狙いです。
基本的に、ボラティリティが低いときというのはテクニカル分析も効きにくく、レンジ相場になる可能性が高いという傾向にあります。
トレンドが出ないという言い方もできますが、基本的に投資不適格の時期ということになります。

日経平均株価の夏枯れ相場の時期は、いつから、いつまでか

実は、日経平均株価が夏枯れ相場の時期というのは決まっています。
これは、機関投資家が買い控える時期と一致しているという説やヘッジファンドが休みに入ってしまうなど色々言われていますが、真相は謎です。
そんな単純なものではないような気もしますが、毎年同じような値動きをすることから何かしら理由があるものだとは思っています。
また、同時に株価が買われやすい時期というのも決まっていて、暴落しやすい時期と言うのも決まっています。
要するに、株価が動かない→暴落or暴騰というサイクルを繰り返しているのが日経平均株価の特徴になります。
その中で、今回は夏枯れ相場による株価が動かない時期は「いつから、いつまで」なのかという部分を考えていきたいと思います。

日経平均株価は7月までに付けた年初来高値を9月中頃まで超えることが少ない法則

日経平均株価は7月~9月中頃まで年初来高値を超えることは少ない傾向にあります。これは、この時期の出来高の急減が原因だと考えていますが、市場参加者が少なくなると、ボラティリティも少なくなり、大きな上昇も下落もしづらくなる傾向にあります。
所謂、夏枯れ相場と言われるものですが、この時期の値動きを過去20年分追っていくとその傾向がはっきりわかります。

2010年~2018年までの夏枯れ相場の特徴を説明したチャート

ここでは、2008年から2018年までの夏枯れ相場を日経平均株価のチャートを用いて解説する。

基本的には、上記で説明したとおり、7月頃までに付けた年初来高値は9月中旬まで超えない傾向にあることをチャート上に示している。

下のチャートを見てもらえば分かるが、2010年~2018年まで1度も7月頃までに付けた年初来高値を9月中旬まで超える事が無いという事が分かります。

2018年

2019y07m08d_165411880

2017年

2019y07m08d_165516821

2016年

2019y07m08d_165623271

2015年

2019y07m08d_165739529

2014年

2019y07m08d_165856117

2013年

2019y07m08d_165959874

2012年

2019y07m08d_170104816

2011年

2019y07m08d_170222021

2010年

2019y07m08d_170313734

ざっと見てもらいましたが、夏枯れ相場というのは年初来高値を取るには力不足になりやすい時期ということになります。

8年連続年初来高値を超えない現象は不自然であり、何かしら意味があると感じます。

夏枯れ相場なのに年初来高値を超えた年

実は1990年~2018年までの28年間で7月頃までに付けた年初来高値を9月中頃までに超えた年は3年しかありません。

不気味なほど、夏枯れ相場は「レンジ相場」か「暴落相場」を作ると言えますね。

2009年

2019y07m08d_170444450

2005年

2019y07m08d_170724028

2003年

2019y07m08d_170837456

日経VIが極端に低くなる時期は7月が圧倒的に多い

蛇足になりますが、日経VIが最も低くなる時期が多いのは7月頃になります。

ボラティリティの低下による夏枯れ相場は、日経VIも当然低下してくるので当たり前のことを言ってる気がしますが、このボラティリティの低下が年初来高値を超えにくくしている要因ではないかと予想しています。

ボラティリティが無いというのは、個人的な解釈では新しい「買い需要が生まれてない」と考えているので、結果的にレンジ相場になりやすいのではと思っています。

夏枯れ相場を含めた季節要因分析は伊藤智洋先生の本がおすすめ

伊藤先生は季節要因分析の第一人者といえる人になります。
最初に伊藤 智洋先生の株は1年に2回だけ売買する人が一番儲かるを読んだ時に、季節性はそんな株価に影響を与えるのかかと驚いたので、もし季節要因分析に興味がある人は是非読んでみることをおすすめします。

しかし、非常に読みにくいので読解に時間が掛かるかもしれませんw
伊藤智洋先生の投資法だけで投資すると大失敗に終わることも多いので、他の分析手法と合わせて、分析することをおすすめします。
僕は基本的に、一つの分析手法だけで相場を見ることをおすすめしてません。
複数の角度から相場を見たほうが見える部分が増えると考えているタイプです。

10月に買って4月に売れという格言は夏枯れ相場を避けろと同じ

僕は、夏枯れ相場のときは投資お控えておくというのがベストだと思います。
格言にもありますが、10月に買って4月に売れという通り、投資成績が夏枯れ相場の場合と、そうではない時期の騰落率を見てみると雲泥の差が生まれる傾向にあります。
この10月に買って4月に売る手法で投資効率を上げる方法をハロウィン効果といいます。

ハロウィン効果は有名なだけあって色々な機関やWEBサイトが検証データを出しています。
日興アセットマネジメントは、1994年から2014年までの20年間のハロウィン効果を検証したデータを公開しているが、日経平均株価を月末に買い、半年後の月末に売った場合の検証データで、一番良い成績を出したのは、10月末に買い4月末に売ることで平均リターンは6%を超えているという検証データが出ています。
2番目は、9月末に買い3月末に売ることだが、その場合の平均リターンは3%台なので、ぶっちぎりの投資優位性があるのは、10月末に買い4月末に売ることになります。

10月に買って4月に売れという格言は夏枯れ相場は投資をするなと同じ意味だと解釈できますね。

勝てないトレーダーの共通点

勝てないトレードの原因は色々ありますが、一つに情報収集しないという所があると思います。

自分一人で情報を集めようとするのではなく、本やツイッターや掲示板、投資顧問など積極的に情報収集しておくべきです。

次に、その情報に対して分析を行い、それは良いトレードになるのかどうかを考えます。

情報を見てもそれが正しい情報なのか分析できなければいけません。

そのためには積極的に情報を取りに行く貪欲さと常に勉強し新しい知識と古い知識を混ぜ合わせてより良いトレード手法の開発も必要になります。

その次に心理的な問題が立ちはだかります。

良い情報と手法で8割は勝てるトレーダーの条件が揃いますが、残り2割の心理的問題が情報やトレード手法を信じる心を折りにかかります。

どんな方法でも、100%勝てる手法はなく一回負けたからトレード手法変える人が多い印象を受けます。

これは心理的な問題です。

良い情報を知りたいという方は、投資顧問に登録しておくのが良いでしょう。投資顧問をバカにしてはいけません。投資顧問になるには金融の世界で最低3年以上の実務経験を要してしかも結果を出してなければなれない職業です。

しかも、5000万以上純財産額がなければなれないので、ガチな投資の実力者しかなることが出来ない仕事というのはあまり知られていない事だと思います。

しかし、評判が良くない投資顧問というのも存在するのは確かなので、今回は評判が良い投資顧問を紹介しておきます。

僕も登録してますが、ここだけでも最低限登録しておきましょう。

MJI投資顧問は評判がよく無料登録で十分なので登録しておくと良い投資方法や情報が手に入るのでやっておきましょう。

情報を制するものは、時代を制するのはいつの時代も変わりません。

情報の仕入先を増やしておくのは最善の一手になります。

ですが、その情報をどのように料理するかは自分の実力なのです。

そのための勉強ですよ。

小さな努力ですが、「人生が変わる」「投資成績が変わる」きっかけというのは、このような小さな努力によるものです。

良いキッカケになるので、やりましょう。

MJI投資顧問に登録しに行く

僕が作った個別銘柄用クロームアドオン無料提供中

もしかすると限定化してしまうかもしれないので、お早めにどうぞ
個別銘柄用クロームアドオン無料提供しています。

 

関連記事