ファンダメンタル

潜在GDP成長率と実質GDP成長率を使い株価暴落のタイミングと経済について考察してみるというのが、このページのテーマになる。

潜在GDP成長率と実質GDP成長率の関係は、基本的に潜在成長率よりも実質GDP成長率の数値が小さ ...

ファンダメンタル

 

最も合理的なポートフォリオの構築方法について紹介したい。一般的に合理的なポートフォリオの構築方法としてはインデックス投資と呼ばれる市場ポートフォリオの事を指すが、近年そのインデックス投資よりも優れた投資手法があることが ...

アノマリー, ファンダメンタル

今回は、トランプ大統領の支持率と米株価の関係について解説する。利用するレポートは、ソニーフィナンシャルホールディングスのレポート「トランプ・プットの結末」だ。このレポートでは、トランプ大統領が次期アメリカ大統領選挙で再選を果たすために ...

ファンダメンタル

「日本は米中貿易戦争の影響をどのように受けるのか?」というテーマでブログを書いていきます。

本稿では、大和証券の「『米中冷戦』再開の政治経済分析」という経済レポートを利用して、トランプが対中関税を25%に引き上げる宣言をし ...

ファンダメンタル

OECD景気先行指数で株価の方向性を探る方法ついて解説する。OECD景気先行指数とは、主要国の経済指標に基づいてOECDが作成・発表している指標のことだ。この指標の目的は、指標の変化によって世界景気の転換点を探ることにある。OECD景 ...

ファンダメンタル

アメリカのトランプ大統領は中国の輸入品に関税をかけていますが、その「品目一覧」「関税額」「関税率」の一覧表になります。

表1が2019年5月9日までの関税額と関税率になります。

表2が2019年5月10日からの ...

ファンダメンタル

中国がアメリカの輸入品に関税をかけていますが、その「関税品目一覧」と「追加関税額」と「関税率」の一覧表になります。

表1が2019年5月31日までの関税表です。

表2が2019年6月1日からの関税表になります。 ...

ファンダメンタル

日経レバレッジ上場投信(1570)は上昇相場の時のみ信用倍率が1倍以下が出現する法則

日経平均レバレッジ上場投信の信用倍率が15倍を超える時は暴落後の一時的な大底と戻り高値付近に固まる傾向があるという記事を書きましたが、この逆の場合はど ...

ファンダメンタル

日経平均レバレッジ上場投信の信用倍率が15倍を超える時は暴落後の一時的な大底と戻り高値付近に固まる傾向がある

暴騰暴落前の日経レバレッジ上場投信と日経インバース上場投信の信用残高の推移のデータを検証する

上のリンクは暴騰暴落 ...

ファンダメンタル

前回、日経ダブルインバースの信用残高から大口の動きを探ってきましたが、今回は日経レバレッジ上場投信(1570)と日経インバース上場投信(1571)の信用残高の推移を検証してどこでどのように大口は売買しているのかと言うのを考えていきたい ...